金融としての銀行からの借入

金融としての銀行からの借入

金融機関の銀行で借入を行う場合に、銀行発行のキャッシュカードについている限度額のキャッシングを利用したことがあります。限度額を変更する際には、金融機関から登録住所宛に書面で通知が来たのを覚えています。

 

銀行は、登録情報のチェックは厳密に実施します。借入にあたってチェックは厳しいようです。そのかわり消費者金融に比べて金利が安いように感じます。特にカーローンを借りたときに、信販会社の扱っているのはアドオン形式ですから金利が高くなります。残債方式だと残高に応じて返済額が変わりますから有利に感じます。

 

カードローンの場合、銀行では最初に「いくらまでなら借りることができる」という枠を設定することになります。その枠を変更する場合に限度額訂正の手続きと審査を受けることになります。審査後は、手続きはありません。ATMによって所要の金額を借り入れることができます。便利で使い勝手がいいので、使い過ぎに注意しています。

 

あくまでも、信用に基づく借入だということを忘れないようにしています。銀行での借入は、一時期に比べてハードルが下がってきているのを感じます。

 

カードローンは、金額が多くなればなるほど金利が低くなります。個人事業主の場合には借入れの審査が厳しいようです。